2020年05月21日

サークルは当面お休みです

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?
コロナ関連のニュースが毎日報道されていますが
学力低下が危惧される子ども達をなんとかしようと
いうのはわかりますが、収束している台湾へ
留学してまで、勉強するのはどうかと思います。
そんなことすれば、移動で殺到するでしょうし、
そもそもあちらの方に移して良いのでしょうか。
いろいろ、「余裕」がないことがとり沙汰されています。
気をつけたいものです。

今日から沖縄では学校も再開ですね。
近所の子ども達の通学の時の元気な声が聞こえます。

学校は再開になっていますが、段階的な方法でのことであり、
通学も時差をつけたり、日をあけたり。。。
部活動についても、未だに「全面中止」ですし、
公民館もお休みです。

暫くはネット将棋で我慢して下さい。

「我慢が実る」のは将棋も一緒。

再会を楽しみにしています。(^_^)v

★サークルの予定
暫くの間、お休みです。
posted by アーキー at 08:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

サークルにAIがやってきた!(5月3日)

みなさん、こんにちは。

自宅でネット将棋やってますか?
先日も本ブログで触れた通り、那覇将棋サークルでは
ネット将棋を行う環境を整備しました。
那覇将棋サークル会員であれば、将棋ウォーズを使用した友達対局が
楽しめるようになっています。(友達対局は回数無制限です)

「友達対局って、なかなか繋がらない」

という声に応えて、「今から対局しよう!」と
呼びかけできるようにして、待ち時間短縮も行っており、
昨日も一日に20局程度の友達対局が行われました。

IMG_0195[1].jpg
<画面は対局の様子>

サークル会員のご父兄からも「自宅に籠りっぱなしで困っていた」との
ことであり、大変感謝されました。(good job?笑)

こちらは現在のところ、会員限定としております。
理由は簡単。

ネット将棋はやってみた方はわかると思いますが、
「負けそうになる」と回線を切って逃げる方が
います。そういうマナーの悪い方とウチの可愛い子ども達を
「断じて(強調)」対局させるわけにはいかないから。
そのため、会員制としております。あしからず。
なお、このブログをご覧になったサークルOBも
大歓迎ですので、いつでも小生へ連絡下さい。
後輩たちへの「指導」をお願いします。
m(_ _)m

前置きが長くなりました(長杉)。
昔取った杵柄で、自宅のPCに将棋AIを導入致しました。
有志の方による将棋AI群(「elmo」、「将棋GUI」等)を
駆使して、棋譜の解析を行えます。

これにより、ヘタれの席主ですが、日本屈指の指導、解析が
可能?になりました。

IMG_0194[1].jpg
<実際の解析画面です>

棋譜を目的の局面に合わせる(手を進める)とご覧のように
有望手を矢印で表示してくれます。

IMG_0200[1].jpg
<終盤の「詰み」を探してくれます>

IMG_0199[1].jpg
<視覚的に「変化」をツリーで表示>

永年、将棋に携わっていると経験や棋書などによる「本筋」を
追いがちですが、AIでは星の数ほどある手順を「全て」検索、
「最善手」を探します。

その昔、将棋ソフトというと、今まで指された棋譜を使用した
「データベース型」と言われるものだけで、「ハメ手」と言われる
「定石はずれ」を行うと簡単に勝てました。

ですが、月日は変わり、「検索」するコンピュータから
「思考」するコンピュータへ進化し、電脳戦といわれる
棋戦まで生まれました。すでにオセロ、チェス、囲碁でも
人間はコンピュータに勝てなくなりました。

ですが、コンピュータは人間の作った「道具」です。
上手に利用すれば、棋力アップに貢献してくれるはずです。

実際に、コンピュータ(サークルでは「エルモ先生」と呼ばれています、笑)
は人間では「これが良いのでは?」と思われる手を
詰み、必至の状態まで進めてくれる。対局に利用しては
反則ですが、人間に「気づき」を与えてくれます。

サークルでは子ども達の対局を解析して、(不定期ですが)
サークルのグループラインで解説しております。

コロナで外出できなくなってしまいましたが、これを
「チャンス」として、棋力アップにつなげましょう。

★那覇将棋サークルの活動
公民館がコロナで休館となっておりますので、ネットで活動、
発信をおこなっております。

「ネットだけで良いのでは?」

いえいえ。将棋は日本の伝統文化。
対局だけでは身につかないものを必要とする方が
います。子ども達にはしっかりとした「躾」が必要。
「対面の良さ」はご父兄がご存じのはずです。

「礼に始まり、礼に終わる」

コロナが終わり次第、サークル復活です。(強調)
posted by アーキー at 09:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

コロナ過中のサークル(5月2日)

みなさん、こんばんは。

いやー、コロナウィルス大変ですねー。
世界中で「自宅待機」。。。
「しかたない」はわかるけど、これじゃ、いつ外出できるように
なるのか。。。はぁ。

席主は先週まで石垣島でお仕事。
帰って、みなさんと同じく「自宅待機」。
ステイホーム?言い方変えただけで、気分すぐれませんね。
天気も悪いし。。。

と、ぼやいても仕方ないので、サークルの子どもたちのために
なんとかできないか、考えました。

そこで思いついたのが「リモート・サークル」(笑)

IMG_0177.jpg
<リモートサークルのラフ図>

ラインやアプリを駆使して、サークル会員同士が対局できるように
したものです。

実際にはラインで「これから対局やりましょう」と呼びかけ、
将棋アプリ「将棋ウォーズ」でもって、友達対局を行う
、というもの。

やってみると、「将棋ウォーズ」の利用制限3回はあるものの、
会員同士の対局も出来、なかなかのもの。
ただ、なかなかマッチングできず、「呼びかけ」をうまくやらないと
会員同士の対局もままなりません。(小生も2名しかできてない)

とはいえ、(お子さんが)自宅に籠りっぱなし、の状況を危惧した
ご父兄からは大好評のようで。。。

また、これを機に凝り性の席主は「ソフト解析」にも着手。

IMG_0176.jpg
<画面は席主のPCです>

有志の方が作成された解析ソフト群を使って、局後の検討を
「ソフト解析」するというもの。
実際には「elmo」という将棋ソフト(「棋神」に使用されている
Ponanzaより強いとされる)を使用して、解析できるように
なりました。
これで、局後の「解析」ができるようになり、指導対局では
棋風はわかっても一局、一局の細かい「良し、悪し」が一目で
視覚的にわかるようになるため、「指導対局」にも活かせます。
(なかなかタイヘンだっただけある)
ただ、市販されている「激指」といったパッケージではないし、
それぞれのソフトを使いこなす分苦労しますがね。

とはいえ、最先端の「AI」を導入できるようになった功績は
大きく、この場を借りてelmo、将棋GUI(やねうら王)の開発者の方々、
及び導入サイト「ゼロから始める将棋研究所」の管理人、konan氏に
深く謝意を述べたい。ありがとうございました。m(_ _)m

★那覇将棋サークルの予定
コロナの収束宣言が出されるまで休講とします。
posted by アーキー at 01:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする