2016年02月22日

公民館祭り。

2月20日(土)はサークル定例日でしたが
公民館祭りが行われ那覇将棋サークルも
祭りの会場にて体験コーナーを設置し
たくさんの方に将棋にふれてもらう機会に恵まれました。
祭り関係者の皆様お疲れ様でした。

那覇将棋サークルのメンバーも
初めて将棋をやる子供たちと一緒に将棋を指しました。
また、サークルの子供達をリーダーにし、
初めて将棋を指す子供達や、学校等で経験のある子供たちと
三人一組のチームでリレー将棋大会を楽しみました。
IMG_8908.jpg
これをきっかけに将棋を好きになってもらえたらいいですね^^
このような形で那覇将棋サークルのメンバーと
地域の方々の交流は素晴らしい経験になりました。
将棋は年齢性別とわず、いつでの楽しめる。
将棋の良さが少しでも伝わったのではないでしょうか^^
IMG_2415.jpg
その後サークルメンバーによるプチトーナメント大会など
楽しい一日となりました。
IMG_5755.jpg


su.jpg


IMG_2930.jpg

※来週も予定通りサークル開催します^^
3月には毎年恒例の宜野湾将棋サークルとの交流戦も決まりました!
楽しみですね^^
posted by アーキー at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

子供と将棋。

保育園年長さんの男の子を育てる友人に
「僕の子供にも将棋させたいんだ!
どうしたらイイかな?」と聞かれました。

親が思う事と子供がしたい事が同じであれば簡単ですが
それがなかなかうまくいきません。笑
子供自ら興味を持ってもらう事が一番難しいと思います。
私自身の少ない経験で大変恐縮ですが、
子供に将棋をやろうとは最初は言いませんでした。
私と妻が自宅で将棋を指していました。
すると子供が「何してるの?僕もやらせて」と言ってきましたが
「これは将棋だよ。駒を動かして戦うんだよ」
「それぞれ駒の動かし方が違うからまずはそれを覚えないとできないよ」
と言いすぐには教えずに、僕と妻が指しているのを見ていました。
子供は親が楽しそうに何かしてると自分もやりたいと思うようで
普通なら一緒にやりますが、駒の動かし方とルールがわからないと
できないよ!と突っ張ってみました。
すると子供は「じゃあ駒の動かし方覚えたらとーちゃんやってくれる?」
と言ってきたので、覚えたらいいよ。と言いました。
それから毎日とーちゃんと将棋したい!と妻に駒の動きを聞いてきました。
妻は歩はアリさん。香車はとんぼさん、桂馬はバッタさん・・・
と昆虫にたとえながら、将棋を指すのではなくて駒の動かし方だけ
教えていました。僕はそれには口出しせずに見ていました。
将棋を覚えるとかではなく、駒で昆虫ごっこしている感覚でした。

それからは毎朝起きると将棋の駒を並べて一人で先手後手をやり
1人将棋だよ!と遊んでいました。駒で昆虫ごっこ的な遊びです。
先手が必ず勝つスタイルでした。笑

ほどなくして、「とうちゃん、駒の動き覚えたから将棋やろう!」
と言ってきたので「よし、ついに来たか!と駒を並べました」
その時は僕は王のみ。
それでも子供は勝てなく、僕の王様とられたーとなぜかはしゃいでいました。
勝手な考えかもしれませんが、
将棋をやると、勝ち負けよりもとうちゃんが僕とたくさん遊んでくれる。
と思っていたように感じます。
普段二人の子供を連れて公園で遊んだりしていましたが、
将棋は面と向かって二人で指す。
将棋が好き、よりも、父親と自分だけの共有の時間を子供が楽しんでいた。
それが子供にとって楽しかったのかと思います。
それがきっかけで将棋を毎日指すようになり、
次第に将棋が楽しく思えてきたのではないか、
子供が将棋に興味を持ったきっかけだと思います。

友人の質問の答えになっているかわかりませんが、
一度子供が興味持つとその吸収力はすさまじいです。笑


ネットで羽生名人と茂木さんの対談で
子供の将棋についての記事がありましたので
のぞいてみてください^^

「将棋は脳を育てる」

島九段のコラムはこちらです

将棋で育まれる「待てる人間」と「無意識の力」

那覇将棋サークルでは初心者の子供達も楽しく将棋をしています。
興味がある方はまず一日体験してみてはいかがですか?
お父さんお母さんが初心者でも親子で体験してみるのも楽しいですよ^^
もちろん初心者の大人の方も有段者の方も大歓迎です。
posted by アーキー at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

13日のサークルと大会。

2月13日土曜日。
那覇将棋サークルの様子です。
翌日には大会が控えており
練習対局にも自然と力が入りますね^^

S君とY君。向かい飛車から仕掛けに入る。
su.jpg

H君とT君 急戦の出だし。居玉のままノーガードの戦い。
子供たちの急戦は強いです!
kyusen.jpg

有段者の社会人の方とT君 相振りからの終盤。詰むや詰まざるや。
aifuri.jpg

どちらも有段者の方と小学生。大人と同じ土俵で
勝負できるのが将棋の醍醐味ですね^^
2men.jpg

女子中学生のSさんとの2枚落ち。とても強くなって負けました!笑
2mai.jpg


翌日(14日)の大会の結果はこちらから。

大会会場は桜がキレイでしたよ^^
sakura2.jpg

那覇将棋サークルのメンバーも出場しました。
見事優勝したT君おめでとう!
入賞を逃した子供達もこの悔しさを力に変えて
頑張ってほしいものです。
やはり大会に出場すると、真剣勝負の中にある嬉しさや、悔しさが
子供たちにとっては貴重な体験となり、将棋の強さだけではなく
心の強さに繋がっていくと思います。
将棋は年齢、性別問わず対等に向き合える
数少ない競技だと思います。
年齢差70歳対決!などもあり
改めて将棋の良さを感じます。
次回の大会での更なる活躍に期待です!

※来週20日のサークルは 公民館祭りがありますので会場がいつもの視聴覚室ではなく
公民館事務所となりのスペースで行います。
特に子供たちは14時までには参加してくださいね^^
リレー将棋等普段とは違う楽しい企画もありますのでお楽しみに^^
一般の方もその横ではいつも通りの対局もしますのでご参加ください^^
posted by アーキー at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする