2020年06月18日

サークル再開

おはようございます。

梅雨も明けて、暑くなってきましたね。
夏は好きなので、「カラっ」と晴れて欲しいです。

ようやく、待ちに待った「サークル再開」です。

今週土曜日から活動を再開します。
再開にあたって、注意事項があります。
①マスク着用(必須)
②参加前に検温(必須)(各自自宅で参加前忘れずに)

③コロナ対策を行う(飛沫防止カーテン作成、都度)ので
 参加者は時間には、なるべく参加して下さい
④「三密」を避けるのが基本、対局はテーブルに「2名」
 カーテンを挟んで「2名」だけです
⑤サークルの合間の数名での話し合いはおろか、
 局後の検討も禁止
⑥常時換気を行う
⑦サークル開始前に盤駒の消毒、対局前に手指の消毒が
 必要となります(サークル、公民館で準備)
⑧名簿(公民館作成)を毎回提出(検温記録)

こういった感じになります。

「条件付き」ではありますが、「再開」には違いありません。
皆様の参加をお待ちしております。
posted by アーキー at 07:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

サークルは当面お休みです

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?
コロナ関連のニュースが毎日報道されていますが
学力低下が危惧される子ども達をなんとかしようと
いうのはわかりますが、収束している台湾へ
留学してまで、勉強するのはどうかと思います。
そんなことすれば、移動で殺到するでしょうし、
そもそもあちらの方に移して良いのでしょうか。
いろいろ、「余裕」がないことがとり沙汰されています。
気をつけたいものです。

今日から沖縄では学校も再開ですね。
近所の子ども達の通学の時の元気な声が聞こえます。

学校は再開になっていますが、段階的な方法でのことであり、
通学も時差をつけたり、日をあけたり。。。
部活動についても、未だに「全面中止」ですし、
公民館もお休みです。

暫くはネット将棋で我慢して下さい。

「我慢が実る」のは将棋も一緒。

再会を楽しみにしています。(^_^)v

★サークルの予定
暫くの間、お休みです。
posted by アーキー at 08:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

サークルにAIがやってきた!(5月3日)

みなさん、こんにちは。

自宅でネット将棋やってますか?
先日も本ブログで触れた通り、那覇将棋サークルでは
ネット将棋を行う環境を整備しました。
那覇将棋サークル会員であれば、将棋ウォーズを使用した友達対局が
楽しめるようになっています。(友達対局は回数無制限です)

「友達対局って、なかなか繋がらない」

という声に応えて、「今から対局しよう!」と
呼びかけできるようにして、待ち時間短縮も行っており、
昨日も一日に20局程度の友達対局が行われました。

IMG_0195[1].jpg
<画面は対局の様子>

サークル会員のご父兄からも「自宅に籠りっぱなしで困っていた」との
ことであり、大変感謝されました。(good job?笑)

こちらは現在のところ、会員限定としております。
理由は簡単。

ネット将棋はやってみた方はわかると思いますが、
「負けそうになる」と回線を切って逃げる方が
います。そういうマナーの悪い方とウチの可愛い子ども達を
「断じて(強調)」対局させるわけにはいかないから。
そのため、会員制としております。あしからず。
なお、このブログをご覧になったサークルOBも
大歓迎ですので、いつでも小生へ連絡下さい。
後輩たちへの「指導」をお願いします。
m(_ _)m

前置きが長くなりました(長杉)。
昔取った杵柄で、自宅のPCに将棋AIを導入致しました。
有志の方による将棋AI群(「elmo」、「将棋GUI」等)を
駆使して、棋譜の解析を行えます。

これにより、ヘタれの席主ですが、日本屈指の指導、解析が
可能?になりました。

IMG_0194[1].jpg
<実際の解析画面です>

棋譜を目的の局面に合わせる(手を進める)とご覧のように
有望手を矢印で表示してくれます。

IMG_0200[1].jpg
<終盤の「詰み」を探してくれます>

IMG_0199[1].jpg
<視覚的に「変化」をツリーで表示>

永年、将棋に携わっていると経験や棋書などによる「本筋」を
追いがちですが、AIでは星の数ほどある手順を「全て」検索、
「最善手」を探します。

その昔、将棋ソフトというと、今まで指された棋譜を使用した
「データベース型」と言われるものだけで、「ハメ手」と言われる
「定石はずれ」を行うと簡単に勝てました。

ですが、月日は変わり、「検索」するコンピュータから
「思考」するコンピュータへ進化し、電脳戦といわれる
棋戦まで生まれました。すでにオセロ、チェス、囲碁でも
人間はコンピュータに勝てなくなりました。

ですが、コンピュータは人間の作った「道具」です。
上手に利用すれば、棋力アップに貢献してくれるはずです。

実際に、コンピュータ(サークルでは「エルモ先生」と呼ばれています、笑)
は人間では「これが良いのでは?」と思われる手を
詰み、必至の状態まで進めてくれる。対局に利用しては
反則ですが、人間に「気づき」を与えてくれます。

サークルでは子ども達の対局を解析して、(不定期ですが)
サークルのグループラインで解説しております。

コロナで外出できなくなってしまいましたが、これを
「チャンス」として、棋力アップにつなげましょう。

★那覇将棋サークルの活動
公民館がコロナで休館となっておりますので、ネットで活動、
発信をおこなっております。

「ネットだけで良いのでは?」

いえいえ。将棋は日本の伝統文化。
対局だけでは身につかないものを必要とする方が
います。子ども達にはしっかりとした「躾」が必要。
「対面の良さ」はご父兄がご存じのはずです。

「礼に始まり、礼に終わる」

コロナが終わり次第、サークル復活です。(強調)
posted by アーキー at 09:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする